生物は様々な刺激に的確に反応して環境適応している。そこには、光や温度などの環境刺激を感じるセンサー(または受容体)、刺激を細胞に伝える低分子物質やシグナル伝達タンパク質から成る分子機構が存在する。当研究室では、植物・藻類・微生物の光に対する細胞・生物応答の分子機構、植物のcAMPシグナル系の分子機構を主に研究している。

​新着情報

2018.4

修士1名、卒研生11人が配属されました。

Please reload

関連リンク

研究室専用

学内からのみアクセス可)